おせち料理の中身の由来(いわれ)って何?

おせちの歴史
かまぼこ
半円形が初日の出の形を連想させるので、一年の門出を表します。また紅白の蒲鉾を交互に並べることで、紅の魔除け、白の清浄さを表します。基本的には一の重に、お吸い物と一緒にいただく口取りとして詰められます。
くるみ
家内円満の意味があります。
くるみの硬い皮で家庭を守る
という事です。何事も
仲がよくなにもないのが一番だ
からです。実りとも言われ
家族が繁栄する意味も込められて
います。

たつくり
たつくりは、漢字で書くと田作りと書くように、昔、田んぼに高級肥料として撒き、田を作っていたカタクチイワシで作られた料理です。豊作を願って作られた料理で、おせち料理に欠かせないメニューのひとつです。

伊達巻
伊達巻がおせちに入っている理由は他にも伊達政宗が魚のすり身に卵を混ぜて焼いた物を好んで食べた等の諸説もありますまた伊達巻は文化の発展、学問習い事の成就等の意味もあります。

栗きんとん
財宝の表れと言われています。
お金が沢山入り
ますようになどの金運の願いを込められ
て一年の始まりに食べる為におせちに入れます。
財宝に恵まれた豊かな年で過ご
すための物です。

紅白なます
日本においてめでたいときに使われる紅白の色。そしてお祝いの際ののし紙等に使われる水引き。おせちに入れるものの定番であるなますは、この縁起のよい紅白のなますをかたどったものです。

昆布巻き
「よろ『こぶ』」の言葉にかけ、おせちに入れられる伝統的な食材です。甘辛く煮て、真ん中ににんじんやゴボウを巻いてかんぴょうで結んだ昆布巻きは、長寿や健康の意味も込められています。

くわい
慈姑とはオモダカ科の多年草で主に水田で育てられる植物である。店頭に並ぶのは年末が多いだろうか。こう書いても「だからそれ何?」と、思う方も多いであろう。
慈姑。こう書いて『くわい』と読む。コロンとした丸みのある体からピュンと白いツノの出た形状をしている。
その姿から『目が出る』様に出世を願ったり、『芽が出た』様子から『めでた』い、はたまた一つの根から沢山の子が付く事から子孫繁栄を願う食べ物としてお節のお重にその席を置いている。
この漢字があてられているのは原産地の中国では母(姑)が慈しみながら子に乳を与えている様から来ている。乳をやり育てて行くことは子孫を増やす事。やはり国は違えど縁起の良い食べ物。
そして慈姑は英語ではarrowheadと書く。意味は『矢じり』。
定めた目標物に向かって真っ直ぐ飛んでゆく…世界の東西をいわずおめでたい食べ物のようだ。
来年の正月には自分の目標に向かって突き進める様に、又、今頑張っている事が芽を出すように慈姑をたべてみるのは如何だろうか?食べる意味を知って食べれば成就の可能性もグンとあがる事であろう。


「オメデタイ」の語呂に合わせてあるというのはもちろんですが、併せて、七福神の恵比寿様が持つ魚であるため縁起が良く、晴れの日やお祝い事にふさわしいとされています。

海老
お正月のめでたい日に紅白で見た目にも豪華だということもありますが、腰が曲がるまで丈夫で長生きをしてほしいという願いが込められており、また赤い色というのが神社の鳥居が災厄を防ぐという意味があるからともいわれています。

黒豆
黒豆がお節に入っている理由は、まめ(豆)に働けますようにとの願いが込められていると昔おばあちゃんが言っていました。ちなみに黒く光る黒豆は縁起が良いものとされていたそうです。美味しくて体に良くて縁起が良いって素敵ですよね。

数の子
数の子には子孫繁栄の願いが込められています。数の子はニシンの卵であり、そのニシンには沢山の卵が詰まっていることから、『多くの子が出るのでめでたい』と考えられるようになりました。数の子は古くから使われていた食材でもあります。

錦玉子
錦玉子は、卵の黄身を金糸に、白身を銀糸に例えられ、財宝の象徴としての意味が込められています。そしてそれだけでなく、二色=錦として語呂合わせの意味も含まれています。とても艶やかな色合いなので、祝いの膳を華やかに演出してくれます。

おせち選びに参考になる!通販検討の方は必見!
おせち2017おすすめ
おせち料理と言えばやっぱり料亭のおせちや、百貨店のおせちが人気です。
でも種類が沢山ありすぎて、何を買えばいいのか迷ってしまいますよね!
そんなときは「おせち2017おすすめ」いろんなおせちを比較検討できます。おせちを通販するときは価格・味・和洋中、などいろんな角度から選ぶことになるので、いろんな料亭・お店のおせちを見比べると自分にあったおせちがきっと見つかるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました